「ほっ」と。キャンペーン

こんな新聞毎日読んでいます。


by shinsyu007

国益を考える講演会





 とり上げたい記事は沢山あるのですが、連休中は忙しいので、このブログの内容とは直接関係なく、申し訳ないですが、とても楽しめる動画だと思うので、しばらくこのブログのトップに固定いたします。
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-12-31 22:05 | 動画

取り戻せ 主権者の地位

憲法を生かす―――1

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法の施行が来年五月に迫っている。一年たてば、国会は憲法の見直し案を国民に示すことができるようになる。

 この法律が決まったのは安倍晋三政権のときだった。安倍氏は「美しい国」路線を掲げて改憲路線を突き進んだ。体調を崩して退陣していなければ、改憲に本気で挑戦したかもしれない。

 福田康夫政権への移行で政界の改憲熱は急速にさめた。福田氏の場合、支持率低迷でそれどころでなかったのが正直なところだろう。今のところ麻生太郎首相にも熱意は感じ取れない。投票法に基づいて国会に設けられた憲法審査会はまったく動いていない。

 改憲へ水位は高い

 とはいえ、投票法が一年後に施行される意味は重い。

 自民党は結党以来「自主憲法制定」を掲げ続けている政党である。民主党の中にも改正に前向きの政治家は多い。

 今年は総選挙の年だ。政界再編などをきっかけに、憲法の見直し問題が動き出す可能性がある。

 「水面は穏やかでも(改憲)水位はかなり上がっている」

 私たちは一年前、憲法記念日に合わせた社説でこう書いた。見方は今も変わらない。

 この一年の間にも、憲法にかかわる問題が噴出し続けた。「ワーキングプア」と呼ばれる低所得者層が、憲法に保障する生存権の実質を問い掛けている。

 政府はソマリア沖の海賊への対処を掲げて、自衛隊の海外での活動領域をもう一歩広げた。知る権利、表現の自由を脅かす出来事も後を絶たない。

 政治が心もとない

 憲法論議を間違いのない方向へ導く第一の責任は政治にある。改正を発議する権限は国会に与えられているからだ。

 困ったことに今の政治は、憲法問題を国民に問い掛けるには、いかにも心もとない。

 とりわけ麻生首相である。「政局より景気対策」。こう言って衆院解散を先送りしてきた。言い換えれば、国民が主権者として意思表示をする機会を奪ってきた。

 一方で、定額給付金、新テロ対策特別措置法などで、「三分の二再可決」を連発した。

 衆院の議決が違ったときは、衆院は三分の二以上の賛成で再可決できる―。憲法五九条にはそんな意味のことが書いてある。

 しかし再可決が国民に受け入れられるには、満たすべき条件があるはずだ。衆院が国民の意思を反映していることである。今はそこに疑問が生じている。

 前回の総選挙は二〇〇五年秋に行われた。四年近くも前の選挙結果を頼みに三分の二再可決を繰り返す麻生首相の姿勢は、国民主権の原則に照らし問題を残す。

 加えて「解散権」発言である。「解散の時期は首相、麻生太郎が判断する」。首相はことあるごとに力説する。

 憲法のどこを開いてもそんな規定はない。天皇の国事行為としての衆院解散と、内閣による天皇への助言規定があるだけだ。

 首相が衆院を自分の都合に合わせて解散することに異議を唱える声は、憲法学会や政治家の間にも少なくない。解散発言は本来、慎むべきなのだ。

 そもそも憲法についての政治家の基本認識に問題がある。例えば自民党の新憲法草案には「国や社会を・・・自ら支える責務」が盛り込まれている。

 憲法は政治権力が暴走しないよう縛りをかけるものである。統治権限を振るう国家権力に対し、国民が生まれながらにして持っている権利を侵害しないよう命令する。それが憲法だ。

 選択のときが迫る

 自民党の草案を読むと、憲法の基本的な在り方への理解不足が覆えない。

 民主党だってほめられない。党内の摩擦を避けるために、これまで憲法についての論議を避けてきた。民主党が仮に政権を握ったときは、憲法解釈で迷走するのは目に見えている。

 次の総選挙は政治の風景を一変させる可能性が高い。憲法論議も新しいステージに入るだろう。大事な場面が迫っている。

 今の政治は国民主権の原則に照らして問題が多すぎる。選挙へ向け、各党の政策、主張にじっくり目を通そう。憲法が掲げる理想に真剣に向き合っている政党はどこか、見極めよう。それは同時に政治を変えることにつながる。

 憲法が保障する国民の権利は黙っていては守れない。選挙を通じて、意思を表示し、主権者の地位を回復するこを考えよう。

      ◇  ◇

 六十二回目の憲法記念日がめぐってくる。憲法についての今日的テーマをとり上げつつ、その精神を生かす道を五回続きで考える。

誤解五回も続けるそうである。

忌野清志郎さん
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-05-03 20:38 | 社説
8世紀 子どもの衣服
 
 奈良市の正倉院に伝わる八世紀の衣服「紅布衫(べにぬののさん)」がベニバナで染めた国内最古の布製品と確認され、正倉院事務局が二十四日、発表した。ベニバナは退色しやすく、古代の染色が残ることは極めて珍しいという。

 衫(さん)は下着などに使われる衣服。紅布衫は縦八四㌢、幅五七・五㌢、麻でできており、袖のないTシャツの前面が縦に割れたような形。

 奈良時代の麻布の幅は一般的にも七〇㌢前後で、端を十数㌢切り落として、子ども用に仕立てたとみられる。肩の部分にほつれたような跡がありもともとは袖がついていたらしい。

 背中側のすそに「刑部小君(おさかべのおぎみ)」「天平十三年十月」(七四一年十月)との墨書があった。都の近国では納税の期限が十月と決められており、近国の国司か郡司が租税の一つ「調庸物(ちょうようぶつ)」として納めた布が使われたようだ。ベニバナに詳しい奈良教育大の金原正明准教授(環境考古学)は「ベニバナは移ろいやすいものの象徴として、万葉集の恋の歌にたびたび登場する。正倉院で保存状態が良かったため、残ったのだろう」と話している。

ベニバナで染めた国内最古の布製品と確認された正倉院の「紅布衫」(正倉院事務所提供) 写真へのキャプション

平成21年4月25日付総合面

「正倉院で保存状態が良かったため・・・」とんでもなく進んだ秘密の技術を、昔から正倉院は持ってるのかと、妄想してしまいました。いずれにしろ物持ちの良いお国柄であると共に、歴史を遡ることが簡単にできる幸せな国です、わが日本は。
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-04-26 19:07 | 総合

草なぎ剛さん

人気者の思わぬ脱線

 青白く、やつれた表情が痛々しい。公然わいせつ罪の疑いで逮捕後、釈放された人気グループSMAPの草なぎ剛さんである。

 泥酔した揚げ句、夜中の公園で全裸で騒いで通報された。国民的アイドルの振る舞いとしてふさわしくない。

 出演番組は、幼児向けから深夜のバラエティーまでと幅広い。地上デジタル放送の普及推進のキャラクターを努めるなど、テレビCMにも引っ張りだこだった。

 それが放送中止や出演シーンのカットに追い込まれている。ファンを裏切り、多くの人に迷惑をかけてしまった。関係者が被る実害は大きい。

 草なぎさんが所属するジャニーズ事務所は、本人の活動を当面自粛すると発表した。きちんと反省して出直してもらいたい。

 草なぎさんは、数々のドラマや映画に出演し、ナレーションや舞台もこなす。韓国語を駆使するなど、多才な顔を持っている。

 メンバー五人の中でも、控えめで、まじめな印象が強い。そんなイメージと、今回の騒動はかけ離れている。いまだに信じられない人が多いだろう。

 全裸になった東京・赤坂の公園は、自宅マンションのすぐ近くだ。本人は帰宅したつもりで衣服を脱いでしまったのだろうか。かなりの量を飲んでいたらしい。

 順風満帆の芸能人生活に見えて、実はストレスをため込んでいたのかもしれない。飲んでうっぷんを晴らしたいときもあるだろうが、立場をわきまえ、ほどほどにしてほしかった。

 酒との付き合い方は難しい。酔って開放的になり、歯止めが利かなくなる場合もある。花見や歓送迎会などで、失敗を経験した人もいるかもしれない。

 先ごろ、中川昭一前財務相兼金融担当相がもうろう会見で引責辞任し。“公人”にはとりわけ自制心が求められる。

 警視庁赤坂署は、草なぎさんを逮捕し、さらに家宅捜索した。署には問い合わせが殺到している。結果的に押収品はなく、尿検査も薬物反応は出なかったという。芸能界は薬物汚染を断ち切れていないけれど、家宅捜索まで必要だったのか疑問は残る。

 SMAPは以前も稲垣吾郎さんが障害などの疑いで逮捕され、活動を自粛している。二度目の不祥事だ。本人だけでなく、メンバーやファンはつらいだろう。

 たくさんの人が早い復帰を願っている。まだ三十四歳だ。経験を糧に再出発してほしい。

平成21年4月25日付社説

社説でとり上げるべき話題とは思えません。それにしても、お優しいことです。

草なぎさん「恥ずかしい」
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-04-26 14:21 | 社説
民主党 衆院選適用方針 同一選挙区なら

 民主党は二十三日、党本部で政治改革推進本部(本部長・岡田克也副代表)の総会を開き、国会議員の世襲制限について、親族が同一選挙区から続けて立候補することを認めない方針を確認した。親族の対象は「三親等以内」を軸に検討を進める。

 成案が認められれば党規に盛り込み、次期衆院選から適用するとともに、マニフェスト(政権公約)にも明記する方向だ。自民党は菅義偉選対副委員長らがマニフェスト明記を主張しているが、異論も根強い。麻生太郎首相は慎重姿勢を崩しておらず、民主党側には違いをアピールする狙いがある。

 総会では政治資金の受け皿となる資金管理団体の継承禁止についても了承。今国会に政治資金規正法などの改正案を提出する。

 小沢一郎代表が提案した企業・団体献金の禁止については、企業・団体によるパーティー券購入禁止と合わせ、一定の経過旗艦後の実施で一致。五年以内とする声が大勢を占めた。

 世襲制限について、岡田氏が同一選挙区で三親等以内を対象とするよう提案。親族の範囲など具体案は、岡田提案を柱に検討を急ぐ。総会出席者からは知事など地方自治体の首長の子息や、衆院と参院にすみ分けした場合も対象とするよう要望が出た。継承禁止は国会議員関係政治団体なども対象に加えるべきだとの意見もあった。

 菅直人代表代行は記者会見で「現閣僚は三分の二が二世議員。歴代総理は三代に渡り元首相の子や孫。自民党の世襲政治は極まっている」と批判。その上で「民主党と自民党を比較してもらいたい」と強調した。

「評価する」声と慎重な受け止め                

                        県選出民主議員
 
 民主党が次期衆院選から、国会議員の世襲制立候補を制限する方針を示したことについて、次期衆院選に立候補予定の県選出同党衆院議員(比例北信越を含む)からは「評価する」との声の一方で、慎重な受け止めもあった。

 下條みつ氏(2区)は「党の方針は評価する」とした上で「ただ、上からの押し付けではなく、党内でさらに議論を深める必要がある」と注文した。

 党最高顧問の羽田孜氏(3区)は、党の方針の是非について言及を避けたが「(議員は)投票によって選ばれるもので、世襲は良い、悪いと単純に割り切れる問題ではない。職業選択の自由もある」と疑問もにじませた。

 1区からの立候補を予定している篠原孝氏は(比例北信越)は「ノーコメント」とした。

平成21年4月24日 総合面

一般社会の職業の世襲と、政治家の世襲の違いまで踏み込んで書いて欲しいです。これでは、世襲する仕事すべてが悪い、そう言っているようにしか思えませんね。『十四代』なんてお酒は絶対飲めないことになりますね。まあ、党首が代わると、マニフェストから消えることが無いよう要望します。
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-04-25 21:14 | 総合

「チョナン・カン」 

逮捕で韓国に波紋

 【ソウル23日共同】公然わいせつ容疑で逮捕された人気グループSMAPのメンバー草なぎ容疑者は韓国語を話す「チョナン・カン」として韓国でも若い層を中心に親しみを持たれている。日本での韓流ブームを後押しした「韓流伝道師」(韓国メディア)の失態に、芸能界の日韓交流への影響を憂慮する声も出るなど波紋が広がった。

 草なぎ容疑者の番組に出演することは、韓国の俳優にとって日本進出への一つの“登竜門”。人気バラエティー番組「SMAP×SMAP」にはこれまで名だたる韓流スターが出演。人気ドラマ「花より男子」(韓国版)の俳優陣も十六日に「SMAP×SMAP」の録画を終えたばかりだった。

平成21年4月24日の第一社会面

さすが「韓流伝道師」。
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-04-25 13:52 | 第一社会

海賊対処法案

自衛隊ありきの危うさ
 
 アフリカ東部、ソマリア沖などの海賊被害に対処するための海賊対処法案の審議が、国会で進んでいる。

 既に海上自衛隊の護衛艦が派遣され、現地で活動している。法案は、見切り発車ともいえる自衛隊の派遣に法的根拠を与える狙いがある。

 政府はかねて、自衛隊の海外派遣を随時可能にする法律の整備に意欲を見せてきた。今度の新法を契機に、自衛隊の活動範囲がなし崩しで拡大する恐れがあるというのに、国民の疑問に答える突っ込んだ議論にはなっていない。心もとない状況である。

 一番の問題は法案が場当たり的につくられたことだ。海賊への対処は原則として海上保安庁が担うとしている。自衛隊が対応するのは、特別の必要がある場合に限ってのこととされている。

 なのに、麻生太郎首相は「(海保の)大型巡視船を追加に保有する考えは現時点ではない」と述べた。海保を充実させる考えはない、と表明したも同然だ。海保は建前で、自衛隊に任せると言っているのに等しい。

 野党も対応できていない。民主党は海保の体制整備や施行三年後の見直しを盛り込んだ修正案社民、国民新党に示すなどしたけれど、協議は難航。共闘もうまくいかず、結局、薄味の審議になってしまっている。

 ソマリア沖では三月末から海自の護衛艦二隻が活動中だ。対処法が成立するまでの苦肉の策として、自衛隊法に基づく海上警備行動を根拠に派遣に踏み切った。日本に関係のない外国船は護衛対象ではないのに、既に三回、外国船を救助している。

 「脱法的」との指摘が出ているが、浜田靖一防衛相は「SOSを発信している船を見過ごすことはあり得ない」と苦しい反論をしている。想定外の事態への詰めが甘いまま派遣した結果である。

 対処法案では護衛対象を外国船にも拡大し、武器の使用も緩和した。海賊対策の名の下に、自衛隊の海外活動がもう一段、拡大されることになる。

 ソマリア沖周辺の海賊は昨年が百十一件、今年はこれまでに七十件以上発生している。昨年十一月にはインド海軍が誤って漁船を攻撃し、死者を出した。

 「想定外」「不測の事態」は新法ができても起こり得る。政府は自衛隊ありきの姿勢を改めるべきだ。将来に禍根を残すことにもなりかねない。法案の修正を含め、与野党には徹底的な国会審議を求める。

平成21年4月23日付社説

 それでは、どんな組織ならいいのでしょう。警察?消防?海保では、ソマリア沖まで行けない事は書かないなど、憲法改正、集団的自衛権まで踏み込んで論説しなければ、片手落ちではないでしょうか。

「現代の脅威を」警戒
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-04-24 21:31 | 社説

平成21年4月22日の斜面

裁判官が切る黒い法服を初めてまとってみた。近くの裁判所で開かれた見学会に参加した折にである。絹製なので思いのほか軽い。黒には、どんな色にも染まらず、公正な判断を―の意味が込められているという。

法服のまま裁判席に座り、法廷を見渡した。裁判官はこうして、被告や弁護人、検察官と向き合っているのか―。そう思うだけで、おのずと厳粛な気持ちになる。裁判員制度の裁判官は平服でよいというけれど、緊張の大きさがある程度は想像がつく。

十一年前の毒物カレー事件で、殺人罪に問われた女の死刑が確定することになった。もし自分が裁判員だったら、どんな判断をするのか―。こんな思いのよぎる裁判の一つだった。被告の自白や目撃証言の決定的な証拠を欠いている。犯行の動機もはっきりしないままだ。

最高裁は一審、二審と同様、有罪とした。積み重なった状況証拠から、女のほかに犯人はあり得ない―との判断だ。ヒ素の入ったカレーを食べた近隣の四人の命を奪い、多くの住民を苦しめた事件である。有罪となれば死刑は当然の量刑なのだろう。

けれど、もし裁判員ならば、と考える。女が犯人との確信が持てるのか、死刑を下せるのか・・・。心にもやもやを抱えたまま、裁判所を後にする自分が思い浮かぶ。人を裁くことの重さなのだろうか。裁判員制度の開始まで一カ月を切った。

法服は本当に着たのかしら。
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-04-24 19:20 | 斜面

企業献金

民主党は本気になれ

 政治資金規正法の改正が今国会のテーマに浮上してきた。民主党が企業・団体献金の全面禁止を打ち出したためである。

 百年河清をまつ―。政治資金の透明化は国会の定数是正と並び、いつまでたってもらちが明かない代表的なテーマと受け止められてきた。

 民主党はこの際、法改正を待たず、企業や労組からのカネは受け取らないと決めて直ちに実行したらどうか。主張が説得力を増すだけでなく、西松建設の巨額献金事件で守勢に立たされている現状を変えるてこにもなるだろう。

 民主党は先日、規正法の素案をまとめている。

 将来的には企業・団体献金を全面禁止する。全面禁止までの経過措置として▽公共事業受注の献金は禁止▽献金の受け皿は政治家一人に一団体とする▽個人献金奨励のため一定額まで献金の全額を所得税から控除する―。以上がその内容である。

 きっかけは小沢一郎代表が三月中旬、全面禁止を記者会見で打ち出したことだった。

 民主党はこの間まで、選挙公約に企業献金の全面禁止を盛り込んでいた。小沢一郎氏が代表になってから禁止の公約を引っ込め、今に至っている。

 突然の政策変更である。党内にとまどいがあるという。

 代表の考えは推察できる。西松事件の逆風をしのぐには、この問題で前向きの姿勢を見せるほかない、ということなのだろう。

 動機はどうあれ、禁止が実現すれば政治資金の透明化は大きく進む。民主党は党内論議を加速して、この国会に改正案を必ず出してもらいたい。

 共産党を除く各党には、合わせて三百億円以上の政党助成金が交付されている。税金を政党活動に投入するからには、不透明になりやすい企業・団体献金は廃止するのが筋である。

 民主党の取り組みが国民に理解されるために、やるべきことがある。西松事件について、大方が納得できる説明だ。

 カネは何に使ったのか、西松建設から出たという認識が本当になかったのか―。小沢代表自身が語るべきである。

 麻生太郎首相は「企業・団体献金が必ずしも悪とは考えていない」と静観の構えでいる。西松建設のカネを受け取った中には自民党の有力者もいる。人ごとのような対応は許されない。法案をめぐる民主党との調整に前向きに臨むよう、首相に求める。

平成21年4月21日社説

他人事のような対応をしていたのは、民主党自身ではないのか。鳩山幹事長の「日本人に自信がないから・・・」等の最近の発言は最低だと思う。聖教新聞の全面広告を掲載しているお前が言うなである。
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-04-22 21:41 | 社説
月曜評論 丸山 仁

 民主党が企業・団体献金とパーティー券購入の「将来的な全面禁止」で合意した。全面禁止の実施時期について党内論議を詰めた上で、政治資金規正法改革案を今国会に提出し、来る衆議院選挙のマニフェストにも明記するという。さらに全面禁止までの経過措置として、公共事業の受注が一定額を超える企業・団体献金とパーティー券購入を禁じ、個人献金を拡大するため、一定額までの寄付の全額を税額控除の対象にするという措置も加えられている。

 以前から企業・団体献金については、その筋の悪さが広く指摘されてきた。政治腐敗の温床になるという理由だけではない。もしその目的がもっぱら資金力で政治家を動かし、特殊な利益を実現することであれば、巨額の政治献金は民主政治に対する重大な脅威となるうる。
 
 他方で企業・団体の利益と無関係であるとすれば、多額の資金提供は企業・団体に重大な損失与える(だから「無関係であるはずがない」ということになる)。

 そもそも、一方で政治家と企業の癒着、政治腐敗の一掃を理由に「税金で政党の面倒をみる」政党助成制度を導入しながら、他方で企業・団体献金を容認してきたこと自体に無理がある。政党助成制度の導入当時には、「日本には個人献金の文化が根付いておらず、直ちに企業献金を廃止することは難しい」云々という見識を披露する、(自称)改革派の政治家多かったはずである。しかし長らく個人献金を促進するための真剣な努力も、従って企業・団体献金の全面廃止へ向けた抜本的な改革も放置されてきたというのが実情であろう。

 だから遅ればせではあるが、今回の民主党の決定は英断である。是非総選挙の重要な争点の一つに位置付け、国民に信を問うてほしい。しかしその前になすべきことがる。英断であればと思えばこそ、私は今回の民主党の決定が「そうした主張をする資格の有無」という不毛な議論に絡めとられることを危惧する。

 そもそも民主党は、企業献金の問題性についていかなる認識を持っているのだろうか?「悪いのは検察で、小沢代表が長年受け取ってきた西松建設からの巨額の献金に何ら問題はない」という説明のまま、突然「企業・団体献金の全面禁止」を打ち出されたのでは、自民党でなくとも困惑する。「散々企業献金で潤ってきた政治家に、そしてそれを是とする政党に、企業献金の禁止を主張する資格があるのか」という至極真っ当な疑問が生じるからである。過去の真摯な反省なくして、未来に向けた改革はありえない。一体政治資金にかかわる「何を反省し、何を改める」のか。民主党にまずもって、その点の明確な説明を求めたい。

 小沢代表はその反省点に立って、代表を辞任するもよし、また自らの手で豪を断ち切るために、敢えて茨の道を歩まれるもよい。いずれにせよ企業献金廃止の旗が、西松事件の煙幕であってはならない。

 史上空前規模の追加経済政策のツケは、いずれ将来の世代に回ってくる。また、京都議定書、ポスト京都議定書の国際公約を履行するためには、広く国民の協力を仰がなければならない。政治家への国民の信頼なくして、指導力の発揮は困難である。西松事件を奇貨として、今度こそ国民の不信が一掃されることを期待した。

 (まるやま・ひとし 岩手大人文社会科学部教授)


自分の国の国旗を掲げられない政党に、どんな旗も似合うことはないと思います。 

※追記。この日の6面に、聖教新聞社の全面広告が掲載されています。

読んだその日から、自分が変わった。そうである。
[PR]
# by shinsyu007 | 2009-04-21 21:33 | 総合